HOME /コラム/ 

【コラム】ロンドン日記#5・ロンドンで過ごすクリスマス

2019/12/13

【コラム】ロンドン日記#5・ロンドンで過ごすクリスマス

ロンドンで過ごす初めてのクリスマス。

街全体がまるでテーマパークのようにキラキラと輝き、デパートやギフトショップは沢山の人たちで溢れかえります。皆がクリスマスを待ちわびている様子はヨーロッパならではの雰囲気です。2019年のロンドンのクリスマスのイルミネーションやディスプレイの様子を、写真と共にいくつかご紹介します。

 



ハロッズのライトアップ
 
クリスマスシーズンになると、有名百貨店は建物全体をデコレーションしたり大きなツリーを置いたり、ウィンドウディスプレイがクリスマス仕様になったりと一気に街をクリスマスモードへと盛り上げてくれます。その中でも一際目を惹く華やかな建物がハロッズです。

 

フォートナム&メイソンの外観
 
真っ赤にラッピングされたこの愛らしい建物はフォートナム&メイソン。紅茶で有名なフォートナム&メイソンですが、ロンドンの老舗百貨店の一つで、店内には紅茶だけではなく食品や食器、コスメやジュエリー等様々な商品が並べられています。クリスマスギフトやオーナメントを探しに来る人々で店内はとてもにぎわっていました。外観をよく見ると、窓には数字が書かれていて、まるでアドベントカレンダー(クリスマスまでの日数をカウントダウンするためのカレンダー)のようです。


 

ハイドパークのウィンターワンダーランド
 
こちらはロンドンの冬の風物詩。ロンドンの中心地にあるハイドパークに冬季限定で登場する移動遊園地です。1歩園内に入ると幻想的な夢の世界が広がります。少しレトロな雰囲気の乗り物を楽しむ家族連れやクリスマスマーケットでお買い物をする恋人たち、お菓子やホットドックをほおばる子供たち。小さなステージで男性の歌手がクリスマスソングを歌うと、周りのお客さんたちも歌い始めるのです。とにかく皆がとても楽しそうに過ごしていました。

 

リージェントストリートのライトアップ
 
ロンドンのハイストリート、リージェントストリートのイルミネーションは1954年にスタートしました。天使が羽を広げているモニュメントがいくつも連なる様子は圧巻。2階建てのロンドンバスからもその様子が見えて、また違った目線で楽しむことができます。

 

リバティ百貨店のクリスマスショップ
 
ロンドンの百貨店はこの季節になるとどこも「クリスマスショップ」というクリスマスアイテムの専用フロアがつくられます。中でもリバティ百貨店のクリスマスショップはとても洗練されていています。クリスマスショップにはクリスマスツリーに飾るオーナメントが数多く並び、毎年お気に入りのオーナメントを探して買い足していくのがお楽しみのようです。店内の中心の吹き抜けには個性的なクリスマスツリーのモニュメントが飾られていました。

 

ロンドンの街を彩るクリスマスイルミネーションはいかがでしたでしょうか。そしてクリスマス当日の25日は、ロンドンの街は静まり返るそうです。スーパーも飲食店も交通機関もストップして、その日は皆、家で家族と一緒に過ごすのです。ヨーロッパにおけるクリスマスは恋人と過ごすのではなく家族と過ごす日ということなのでしょうか。


夏に通った英会話のイギリス人の先生が楽しそうにイギリスのクリスマスの話をしてくれたことを思い出しました。「もう何カ月も前から、クリスマスプレゼントやクリスマスカードを買い集めるの。家族や親戚だけではなく、子供がお世話になっている先生・マンションのポーターさん・ナニーさん・よく顔を合わせる配送業者さん。とてもワクワクする反面、すこし疲れちゃうくらい」と笑いながら話してくれました。

 


さて、FIQもクリスマスにぴったりのテキスタイルを数多く取り揃えております。お部屋のアクセントに取り入れて、クリスマスの雰囲気を目一杯味わってみられてはいかがでしょうか。

https://www.fiq-online.com/cateTop.php?id=5Hnn7kUw4x7hX0bPxIIBFL10yArHiLGs



category Entry 

カテゴリ関連記事

5%還元