HOME /サポート・ヘルプ/ 

見積商品についてご説明します

2021/06/01

見積商品についてご説明します

お問合せをいただくことの多い、カーテンやテーブルクロス等の【見積商品】についてご説明します。
 

Q.見積商品とは?

配送料や在庫・納期を確認のうえ、見積書をご提案する商品のこと。FIQでは商品ページ(下記画像参照)のページ名に【見積商品】と記載しています。

 

 



【ご注文の流れ】 カーテンの場合

 

▼ STEP1から順番に、該当箇所の選択やサイズの入力を進めていきます。           




▼ 生地選択画面で、製品の税込価格が表示されます。

※ カーテン・のれんなどの割引フェア期間中については、お客様よりお見積りのご依頼をいただいた後に、当店より割引後のお見積りをメールでご案内いたします。サイト上に記載されている金額は割引前の金額となります。







▼ 注意事項をお読みいただき、問題が無ければ同意にチェックした後、「カートに入れる」をクリックしてください。






▼ カートが表示されたら内容をご確認いただき、下記の「見積依頼へ進む」をクリックしてください。





▼ 配送先とお支払い方法、配送のご希望なども選択のうえ、ページ最後の「この内容で依頼するをクリックしてください。







▼ 見積もりのご依頼をいただきましたら、当店よりお見積りをメールでご案内いたします。





▼ 以上で見積依頼は完了です。

 
 

見積書について


■見積商品のお買い物には、「お見積書」が発行されます。(下記画像参照)
カートに入ったアイテムの詳細を反映した見積書を、お客様ひとりひとりにメールでご提案いたします。
こちらの見積書の画面からは、製品や価格についてのお問い合わせも行うことができますので、ご購入の際にも安心です。
■見積書の内容にご納得いただけましたら、ご注文へお進みください。


カーテン・のれんなどの割引フェア期間中については、お客様よりお見積りのご依頼をいただいた後に、当店より割引後のお見積りをメールでご案内いたします。サイト上に記載されている金額は割引前の金額となります。


 



 


 

【お見積から購入の流れ】 おさらい











 
STEP1

STEP1

FIQ onlineではカテゴリごとに豊富なアイテムを取り揃えております。アイテムごとに数量やオーダー項目の設定をしてカートに入れます。



お好みのデザインやサイズ、仕様等を選択してカートに入れてください。

 

 

見積商品とは

 

STEP_ARR
STEP2

STEP2

カートに入れたアイテムをご注文いただく前に、必ず見積書を作成いたします。

購入したいアイテムをカートに入れたら、見積もり依頼へお進みください。
お客様がお選びになった内容に合わせ、在庫・送料を確認の上、
見積書をご提案いたします(無料)。

 

見積依頼の後でもキャンセルできるのか

 

STEP_ARR
STEP3

STEP3

気になる点は、見積書をご覧いただきながらオンラインショップ担当者にご相談いただけます。

ご登録のメールアドレス宛にご案内いたします。

 

見積書はページ右上の「Log in」からログイン後、「My page マイページ」を開き
「見積・注文・配送状況の確認」をクリックしてご覧いただけます。

 

見積書メールが届かない

 

STEP_ARR
STEP4

STEP4

見積書の内容を確認してから、ご注文にお進みください。

お見積内容に問題がなければそのまま「注文する」をクリックしてください。
もちろん全てキャンセルすることも簡単にできます。

 

見積商品の追加・変更・キャンセルをしたい

 

STEP_ARR
STEP5

STEP5

在庫品は3~5日、
オーダー品は1~3週間程度でお届けします。

出荷の際、ご登録いただいたメールアドレス宛に、配送会社の問合せ番号を
ご連絡いたします。

 

商品を返品・交換したい


 

 
 


​【その他のよくあるご質問

 

Q.見積商品と見積商品以外を一緒に注文する場合はどうなりますか?


一つでも見積り商品が含まれている場合は、合算した見積書をご提案します。

 

Q.見積は無料ですか?


お見積りの作成はもちろん無料です。ご購入いただかなくても費用は一切掛かりません。

 

当店は海外取寄せ品や、サイズはもちろん仕様やスタイルまでお選びいただける高額なオーダーアイテムを多数取り揃えております。これらの商品は選択後すぐに決済に進むのではなく、ご面倒でも「見積」という形式で踊り場を設けてからのご注文とさせていただいております。「サイズの測り方を間違えた」「イメージと違う」と言った認識の齟齬をできるだけ無くし、お客様にとっての最適解を見つけていただくために必要なプロセスとしてご理解いただけますと幸いです。