HOME /新商品/ 

【新商品】FIQで探す、はじめてのアート作品

2024/01/23

【新商品】FIQで探す、はじめてのアート作品


正方形のアートポスター「a good view」のラインナップが追加されました。



皆さんは、ご自宅やオフィスなどに写真や絵といったアート作品を飾っていますか?「アートを飾る」という行為は、なんとなく敷居の高さや特別なことと感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし本来アートとは、自由で私的なものです。「この雰囲気が良い」「色やタッチが好きだな」「作家さんの描くテーマに共鳴する」「そういえば、この絵のモチーフには思い入れがあって…」など、ご自身の直観でピンと来るお気に入りのアートポスターをお部屋に1つ取り入れてみましょう。作品が豊かな気持ちを運んできてくれます。

今回は「a good view」へ新たに追加された作家さんをご紹介いたします。難しく考えず、「コレ!」と思う1枚を選んでみてください。

 


■エリザ・デフォッセ・菊地 / ELiza Defossez Kikuchi

ブリュッセルのラ・カンブル大学で工業デザインを、ヘルシンキのアアルト大学でテキスタイルを学ぶ。デザイナーとしてエルメス社に勤務したのち、フィンランドと日本をベースに自然に触発された繊細な色や素材を通して、日常生活にぬくもりを感じされるようなデザインに取り組んでいる。


写真上から下に:30×30cm / KANGAS(カンガス) ブルー×ピンク20×20cm / KANGAS(カンガス) ブルー×ピンク ※フレームは別売り



フィンランド語で「クロス / cloth」を意味する「kangas(カンガス)」。織物の基本である糸の交差から生まれる新たな色と関係性を見事に表現しています。絵でありながら節糸のようなランダムな太さの線とテクスチャーが、より一層テキスタイル感を表しています。a good viewのために描かれたオリジナルです。

 

■紙野夏紀 / Natsuki Kamino

イラストレーター、テキスタイルデザイナー。2018年、イタリアの国際コンペ A' Design Awardのグラフィックデザイン部門でブロンズ賞を受賞。ドイツの美術出版社TASCHEN(タッシェン)に、今世界で注目すべきイラストレーターとして取り上げられるなど、国際的な活躍が期待されるアーティスト。


右上から時計回りに:30×30cm / LOOKING FORWARD(明日の私) マスタード20×20cm / DEPARTURE(漕ぎ出す) オーシャン30×30cm / MY ORIGINS(原点) テラコッタ20×20cm / SO SWEET,SWEET HOME ピーチ ※フレームは別売り



ブライトトーンでまとまった4つの作品には、それぞれにひとりの女性が描かれています。タイトルと絵を鑑みると、女性たちが自分らしく生きる多様性を肯定し、シスターフッドへの連帯と敬意を表現しているようです。これらの作品は観る者に深い思索を呼び起こすことでしょう。

※紙野さんはテキスタイルデザインも手掛けており、FIQでもお取り扱いがございます。
関連記事:【新商品】紙野夏紀さんのオリジナルテキスタイルのお取り扱いがスタートしました。


 

■米津祐介 / Yusuke Yonezu

2005年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展への入選をきっかけに絵本作家として活動を始める。以後、多くの絵本を創作し、アジアやヨーロッパ、アメリカなど、世界中で出版されている。また、国内ではステーショナリーグッズを展開するなど、イラストレーターとしても活躍の場を広げている。


右上から時計回りに:30×30cm / キーウィ アイボリー20×20cm / ペンギン アイボリー30×30cm / シロフクロウ アイボリー20×20cm / ライチョウ アイボリー ※フレームは別売り



今回、米津さんの作品は4柄全て鳥類です。しかしこの4種類のうちキーウィとペンギンは「飛べない鳥」、ライチョウとシロフクロウは雄雌によって見た目が異なる「雌雄二型」といったように、鳥は鳥でもちょっぴり特殊なラインナップが揃いました。クレヨンのタッチが鮮明に印刷され原画のように仕上がったこだわりの1枚です。

 

■吉本悠美 / Yumi Yoshimoto

 テキスタイルデザイナー。東京造形大学教員。エッチングによるテクスチャーや勢いのある線画など、手描きによるタッチを生かした模様を制作。ファブリック製品の企画・デザインから企業とのコラボレーションに至るまで、織物の産地、山梨県西桂町を拠点に国内外で幅広く活躍している。


右上から時計回りに:30×30cm / テクスチャーオブジェクト1 グレージュ20×20cm / テクスチャーオブジェクト2 チャコールグレー30×30cm / テクスチャーオブジェクト4 コーラル20×20cm / テクスチャーオブジェクト3 ミント ※フレームは別売り



「織地の物体」とでもいうべき抽象的なデザインからは、作者の「テクスチャーの塊みたいなものを描きたい」という想いが伝わってきます。自在に戯れる線はCy Twombly(サイ・トゥオンブリー)のようでもありますが、ディテールを細かく追ってみると、計算された線であることがよくわかります。a good viewのために描かれたオリジナルです。

 

■ムラタトモコ / Tomoko Murata

「心にそっと、小さな幸せを」をテーマに暮らしの中で心に留まった風景を図案に落とし込み、テキスタイルやドローイングで表現している。オリジナルテキスタイルや紙ものの制作、企業へのデザイン提供の他、マガジンハウス社でイラストレーションの連載も手がける。





あたたかみのあるオークと爽やかなブルーグレーの2色展開で表現された、花瓶がモチーフの作品。ゆらぎのある線で表現されたものと、中央にハッキリと描かれたモチーフの対比から静と動が表現されているようにも感じられます。

 

■クォーターリポート / QUARTER REPORT

「布を嗜み 愉しみ 味わい 操る」をコンセプトに、インテリアファブリックを製造販売するテキスタイルメーカー。ファッションブランドやプロダクトメーカーへの素材、デザイン提供に加え、書籍の装丁やグラフィック広告等異業種との協業も数多く手がける。


写真右上から時計回りに:30×30cm / ストゥレイタ オレンジ20×20cm / プリズム イエロー30×30cm / 窓々 グリーン ※フレームは別売り



幾何学デザインは、北欧モダンやバウハウス、ミッドセンチュリーのインテリアとの相性も抜群です。フレームの色をチャコールにすれば、よりシックな雰囲気に。手描きのような輪郭線と色の重なりによって生まれる透明感が、軽やかな雰囲気を演出します。

 


ポスター本体をフレームに入れず、そのまま壁面に飾りお愉しみいただくことも可能です。ポストカードを飾るような感覚で、より気軽でカジュアルに取り入れられます。写真は青系色でまとめた様子。作家はバラバラですが、色を統一させることで調和のある空間へ。ガラス瓶の色ともマッチしています。


 

a good view」のアートポスターは、豊富なラインナップと手に取りやすい価格帯も魅力的です。まずは1枚、ご自身の好きな絵柄を手に取り、生活にアートを取り入れてみませんか。

a good viewはこちら


関連記事
【新商品】a good viewのご紹介

【NEWS】 a good viewのアートポスターに新作が加わりました。



category Entry 

カテゴリ関連記事