HOME /RANKING/ 

【RANKING】2018年10月~2019年2月 / カーテン人気ランキング

2019/03/05

【RANKING】2018年10月~2019年2月 / カーテン人気ランキング

移動&模様替えシーズンのはじまりとなる3月と9月にお届けしているカーテン人気ランキング。
2018年10月~2012年2月の売上データをもとにご紹介いたします。

【ランキングについて】
各商品ページの「並び順>人気順」は累計のデータですので、ここでご紹介する人気順とは順位が異なります。
予めご了承ください。

 

 NO.1      フロート (QUARTER REPORT / 岡理恵子)

「点と線模様製作所」主宰の模様作家、岡理恵子さんによる「フロート」がNO.1に輝きました。手描きタッチの優しい模様が人気のデザイン。お部屋のメインとなるリビング等にご利用になる方が多く、柄を見ているだけでホッとするような心和むデザインが魅力です。人気NO.1の「フロート」で新生活を明るく彩りませんか。

-岡 理恵子さんからのデザインコメント-
水中を漂う海藻を描きたいと、海の中に浮かぶような大きな…広い、気持ちになって、クレヨンで大きな紙の上に描いた模様です。




▶▶▶日本ブランドのオーダーカーテンはこちら

▶▶▶オーダーシェードはこちら

▶▶▶のれんはこちら

▶▶▶カフェカーテンはこちら




 NO.2    エイジ (QUARTER REPORT )

特殊ウォッシュ加工によって、ヴィンテージテイストに仕上げた日本製の8号綿帆布「エイジ」のカーテンがNO.2に入りました。帆布ならではの重厚さと落ち着いたカラー。今までありそうでなかった、帆布を主役にしたカーテンです。使い込んだデニムのような独特な風合いは、どんなお部屋にもすんなりと馴染んでくれます。シンプルながらも味わい深い空間作りを目指す方におすすめしたいカーテンです。



▶▶▶帆布のオーダーカーテンはこちら

▶▶▶帆布のオーダーシェードはこちら

▶▶▶帆布のれんはこちら

 



 NO.3    グレン   (QUARTER REPORT / 遮光1級)
 
遮光の原着色の糸と微妙なグラデーションの2色染めにより、深みのある表情を醸し出す遮光生地「グレン」。遮光1級・防炎・ウォッシャブル機能が備わっている万能生地。どんなお部屋にも合わせやすいので、リビングや寝室のカーテンにも大変オススメ。全12色の豊富なカラーも魅力です。




▶▶▶オーダー遮光カーテンはこちら

▶▶▶防炎 オーダーカーテンはこちら

▶▶▶カラーブロックカーテン(遮光1級)はこちら

▶▶▶オーダー遮光シェードはこちら




 NO.4    チャルカ(QUARTER REPORT )

QUARTER REPORTのロングセラー、「チャルカ」は、白地に微妙に色が異なるシャンブレードットが並ぶ、北欧風デザインです。ベーシックなベージュからビビットなレッドまでカラーバリエーション豊富な全7色をご用意。
新色グレーも人気急上昇です。




▶▶▶日本ブランドのオーダーカーテンはこちら

▶▶▶オーダーシェードはこちら

▶▶▶のれんはこちら

▶▶▶カフェカーテンはこちら




 NO.5    ナトゥーラ (DDintex)

リトアニア産リネン(麻)100%の「ナトゥーラ」がNO.5にランクイン。春夏のイメージが漂うリネンは、今や一年中ご利用いただいている人気の素材。中でも、こちらの「ナトゥーラ」は、カーテンはもちろんのこと、クッションカバーやマルチカバーなどに選ばれています。またカラーも豊富で、なんと色数は全21色!ビビットからナチュラルまで、幅広いカラーを取りそろえています。シンプルだけれど、上質な素材を取り入れたい、という方に麻のカーテンはオススメです。




▶▶▶麻のオーダーカーテンはこちら

▶▶▶麻の既製カーテンはこちら

▶▶▶オーダーシェードはこちら

▶▶▶麻のれんはこちら

▶▶▶麻カフェカーテンはこちら




 NO.6    ここにいるよ (MOOMIN TRIBUTE WORKS /  MASARU SUZUKI)

MOOMIN TRIBUTE WORKSより、「ここにいるよ」がランキングに入りました。「ここにいるよ」は鈴木マサルさんによって描かれた原作には無い、新たな「ムーミン」の物語。鈴木さんがムーミンのデザインを手掛けるにあたって最初にイメージしたのがこの柄だそう。それぞれのキャラクターの距離感、たたずまい、世界観等、シリーズの原点となるデザインで、リビングから子供部屋まで幅広くお使いいただけます。
 

▶▶▶ムーミン オーダーカーテンはこちら

▶▶▶ムーミン 既製カーテン2枚セットはこちら

▶▶▶ムーミン オーダーシェードはこちら
 

 NO.7    M-フロート (QUARTER REPORT
 
「点と線模様製作所」代表の模様作家、岡理恵子さんデザインによる「フロート」のミニバージョン「M-フロート」がNO.7に登場。NO.1に輝いたフロートよりモチーフが小さくなってより一層可愛らしいテキスタイルになっています。カラーは、グレーとミントの2色展開です。どちらもインテリアに合わせやすい配色です。


▶▶▶日本ブランドのオーダーカーテンはこちら

▶▶▶オーダーシェードはこちら

▶▶▶のれんはこちら

▶▶▶カフェカーテンはこちら
 

 NO.8   PUKETTI  プケッティ(marimekko)
 
マリメッコの中でも日本人に人気の高い「PUKETTI プケッティ」がランクインしました。PUKETTIはフィンランド語でブーケを意味する名前。その名の通り、小さな小花が丸く集合し、ブーケのよう。1971年に発表された服飾デザイナーでもあるAnnika Rimalaによるデザインの復刻版です。
画像のようにカフェカーテンを飾れば、一気に北欧テイスト溢れるお部屋に。小さな窓でも存在感のあるお洒落な空間が広がります。





▶▶▶北欧オーダーカーテンはこちら

▶▶▶オーダーシェードはこちら

▶▶▶北欧のれんはこちら

▶▶▶北欧カフェカーテン




 NO.9    ルータ (QUARTER REPORT)

薄起毛といわれるごく軽い起毛をして桃の肌のような柔らかくしっとりした風合いに仕上げた「ルータ」がNO.9になりました。シンプルに一枚でお仕立てするのも良し。カラーブロックカーテンのように色を組み合わせても良し。
お好みのパターンをお選びください。




▶▶▶日本製のオーダーカーテンはこちら

▶▶▶カラーブロックカーテン(綿100%)はこちら

▶▶▶オーダーシェードはこちら

▶▶▶オーダーのれんはこちら

▶▶▶カフェカーテンはこちら


 

 NO.10    Helsinki ヘルシンキ (Kauniste  カウニステ)
 
カウニステのブランド創立10周年となる2018年を記念して、デザイナーのMarika Maijalaがヘルシンキの街並みをテーマに描いた作品「Helsinki(ヘルシンキ)」。デザインはフィンランド人女性イラストレーターMarika aijala(マリカ・マイヤラ)。まるでヘルシンキを訪れているかのような街の愉しさを感じられる素敵なテキスタイル。窓辺に飾って北欧の風を感じてみてはいかがでしょう。
 


▶▶▶北欧オーダーカーテンはこちら

▶▶▶オーダーシェードはこちら

▶▶▶北欧のれんはこちら

▶▶▶北欧カフェカーテン


いかがでしたでしょうか。春の新生活に、お引越しに。
カーテン選びの参考材料としてぜひご利用ください。

 

▶▶▶採寸・取付に関してはこちら

▶▶▶すべての商品一覧はこちら

▶▶▶FIQ online トップページはこちら