HOME /コラム/ 

【コラム】プリント生地が出来るまで 「デジタルプリント インクジェットプリント」

【コラム】プリント生地が出来るまで 「デジタルプリント インクジェットプリント」

プリント生地が出来るまで 今回は「デジタルプリント(インクジェットプリント)」について。


スマホの画像、
デジカメで撮影した写真、
イラストレーターで描いたイラスト、
スキャナで読取ったデザイン、
などなどのデジタルデータを忠実に生地にプリントします。
生地にです。

ちなみにこちらは全てインクジェットでプリントしてます。

もちろん色数なんて関係ありません。

おまけに「版 ※その2参照」が必要ないのです。
グラフィックソフトデータでOK
(フォトショップやイラストレーターなど)

 

アナログプリントの場合は柄の大きさに制限があるのですが、それもほとんど関係ありません。

オンデマンド方式なので、必要なモノを必要なだけ。
小ロットで生産が可能。
製版工程も省けるので納期も短い。
 

ですが、、
生産コスト、お値段が一般的なアナログプリントより少し割高なのです。。

でも最近は技術の進化とともに、アナログにかかる「製版代」なども考えるとかなり溝が埋まってきています。

色々とメリットはあるけれど、一番の魅力は、使用する色数や大きさなど関係なく、デザインそのものが生地に表現できるところ。

コストの事を差し引いても十分に魅力的な手法です。
 

コピー機を想像してしてください。
原理はそれと同じです。
紙にトナーを吹きつけるように、キバタ(生地)にインクを吹きつけるのです。
 

吹きつけるがポイントです。

アナログプリントの場合はペタペタ・コロコロとスキージ(へら)で染料を生地に「刷りつける」イメージです。

デジタルプリントはノズルから染料を「吹きつける。」なのです。
 

原理はコピー機と同じですが、FIQがプリントするマシンはコレです。
 

でかいです。
国内でも最新鋭で最大規模かと思います。


ズレや滲みなどが味となるアナログプリント
テキスタイルデザインの可能性を広げるデジタルプリント
どちらも加工特性を活かした生地つくりをしなければいけません。


はい。プリントとも終わったしこれで出来上がり。ではありません。

次回は「プリント生地が出来るまで」の最終回
「後処理」のお話。


category Entry 

カテゴリ関連記事

5%還元