HOME /サポート・ヘルプ/ 

繊維用語(50音順)

繊維用語(50音順)


後染め
布を織ったり編んだりした後から染色をする事を後染めと言います。プリントものなどは殆ど後染めで作られています。 稀に後染めでもプリントすることでチェックやストライプといった柄を作ることもあります。布地を製品に仕立ててから染める『製品染め(ガーメント・ダイ)』も後染めの仲間です。
綾織り
別名『斜文(しゃもん)織り』とも呼ばれ、糸が斜めに交わって模様を出す織り方を指します。三原組織の一つです。
平織と比べ、風合いが柔軟でシワがよりにくく、糸の密度を増すことが出来ます。
光沢に富むので制服やスーツなどの服地、デニムや裏地など平織に次いで多く用いられることの多い織り方です。
インクジェットプリント
デザインのデジタル処理を行うプリントの事。大きなインクジェットプリンターから生地に直接捺染をし出力を行い、蒸気と熱によって発色させます。 ご家庭などにあるインクジェットプリンターと同じ感覚で、プリントするものが紙から布(インクも専用のもの)に変わったと考えるとわかりやすいです。
シルクスクリーンプリントと比べ、版と呼ばれる枠がいらない点や、写真や複雑なデザイン、グラデーションなどの繊細な表現がより実現しやすいのが特徴的です。
ヴィンテージ加工
単なる「古着」ではなく、“使い込まれ時間の経過とともに出る色合いや風合い”に仕上げる加工方法のことを指します。 例えば、デニム製品では長年履きこまれた際に出る色落ちや履きジワ、生地が擦れて穴が開いたり、飛び散ったペンキが付着したようなものをあえて生地に施すこと等はヴィンテージ加工といって良いと思います。 デニム以外ではスウェットやレザー素材に施されることが多く、ファッション製品に多く見られます。
オイル・コーティング
生地に乾性油をコーティングしたもの。『オイルクロス』『油布(ゆふ)』とも呼ばれます。防水・防汚性に優れており、不規則な天候の元で働く水夫や漁師、港湾労働者のが着るレインコートとして作られたのが始まりとも言われています。
この加工方法の生地で作られたBarbour社のジャケット、BEDALE (ビデイル)はオイルドジャケットの代名詞と言っても良いでしょう。
ガーゼ
『ガーゼ』とは、目が粗く柔らかな手触りの薄手平織物の事。撚りの回数が少ない(甘撚り)単子糸を使用し、打ち込みも荒くすることで通気性・吸湿性に優れ清涼感があり、また肌触りの良い柔らかな生地へと仕上げています。
ダブルガーゼはガーゼ生地を二重織にする事によって空気の層が出来、通気性・吸水性はより増し、夏は涼しく冬は適度な保湿性を持ち暖かいのが特徴。ベビーや介護用品として使用されることも多い生地です。
顔料
『顔料』とは、水や油に溶けない不溶性着色剤の事です。生地に染み込むのではなく、表面に色の粒子を付着させて色を付けます。 マットで透明性には欠けますが耐水性があり、滲みません。表現できる色の幅が広く、濃淡も表しやすい所も特徴的です。
顔料には樹脂が混合しているために、顔料プリントを施した表面は、染料プリントに比べ乾くとゴワゴワ・パリパリした硬い質感になり、経年劣化で剥がれやひび割れが生じることも(ユーズド感を出すためにわざとそのような効果を出す場合もあり)。
生地の耳文字
生地の両端や片側の「耳」の部分に、メーカーやブランド名・生地名・色数などを捺染したりジャガードで織り込んだものを言います。
生地幅 (全幅と有効幅)
『生地幅』とは、生地がつくられる際の規格幅のことで、生地の端~端の全部の幅(全幅)を指します。
プリント生地の場合は左右の耳部分にそれぞれ2~3cmほど余白部分が見受けられる事があり、生地としては使えません。
有効幅とは、その余白部分を除いた生地の左右の長さを指します。
生機(きばた)
糸を織りあげたままで、糊などがそのままついておりゴワゴワの状態の生地のことを指します。
生機から糊や不純物を落とす処理を行う精錬や晒し処理を施し、初めて染色工程に入ります。
強撚糸(きょうねんし)
普通の糸は繊維を撚って(よって)あるため、撚糸(ねんし)と言います。
『強撚糸』とは、名前の通り一定の糸の撚りの回数を多くし、より強くなった糸のこと。硬くてシャリ感のある生地となります。
また毛羽が立ちにくくなったり、織物にコシが出たりします。ちりめん生地など、シボ(凹凸感)のある織り生地を思い浮かべると良いかもしれません。別名、ボイル糸とも呼ばれます。
グログラン
『グログラン』とは緯糸には太番手の糸を、経糸には細番手の糸を使用し、経密度を緯の3~5倍密に織り込むことで、太い横畝の質感を出す平織の生地の事です。リボンに使われることも多い事で知られています。
先染め
『先染め』は名前のとおり、布を織る前に糸や繊維を先に染色することを言います。チェックやストライプなどの色柄ものなどは、あらかじめ先染めで糸を染色し、色を組み合わせてさまざまな柄に織られて作られています。
糸自体がしっかり染色されているので色に深みがあり、また色落ちしにくいのも特徴です。
三原組織
織物の基本となる三つの組織のこと。
平織り・斜文織り・朱子織りを指します。
サンフォライズ加工
薬剤を使わず生地に湿気(蒸気)を与えることで予めこれ以上縮まないようにする防縮加工の事を言います。
綿織物は洗濯すると縮んでしまう性質を持っていますが、『サンフォライズ加工』ではこの性質を生かし計算した分だけ生地を縮め、サイズの安定化をはかります。 Acne StudiosやLeeなどのデニムはサンフォライズ加工されたもの(一部除く)が多く、逆に、生デニムを売りにしている製品はほとんどサンフォライズ加工がされていないために、洗いにかけると縮む性質を持ちます。
ジャガード織り
フランス人発明家のジャカールが考案した織機、ジャカード織機(しょっき/おりき)を使用して製作された織物の事を指します。現在はコンピューターを取り入れる事でより多種多様な柄が再現可能です。
ジャカード織機登場以前は複雑な模様の生地を織ることに非常に手間がかかりましたが、パンチカード(紙に穴をあけて情報を記憶するもの。 紋紙ともいう)を入れ替えることで、模様(操作のパターン)が簡単になり、また、立体的で複雑な柄も出来るようになりました。カーテンは勿論、着物や帯などにも用いられることの多い織り方です。
シャトル
「杼(ひ)」とも呼ばれ、織機で織物を織る際に横糸を通す器具の総称。シャトルを使用して織る織り機のことをシャトル織機と言います。
近年はシャトル織機よりも更に高速で緯糸を通す高速織機(シャトルレス織機)が主流となっていますが、高速織機では出せない柔らかな風合いや着こむほどに出てくる風合い感を求め、デザイナーズブランドなどのモノづくりにこだわりや質を求める人たちから支持されています。
朱子(しゅす)織り
同じ読み方で『繻子織り』や、『サテン織』とも呼ばれます。三原組織の一つです。経(たて)、緯(よこ)5本以上で組織され、縦糸又は緯糸が長く浮いて交錯しており、しかもその交錯点が少ない為に他の組織に比べ光沢がありフォーマルウエアやブラウスなどに使用されることが多い織り方です。平織りなどに比べて比較的摩擦には弱く、ひっかきキズなどがつきやすいです。
シルクスクリーンプリント
スクリーンを張った枠に溶剤を塗布し、図柄になる部分に光をあてて溶かし孔を開けた版を使用し捺染(=プリント)を行う技術の事。ハンドスクリーン・プリント(手捺染)や、より量産に適し機械で捺染を行うオートスクリーン・プリントなどがあります。
エルメスのスカーフは1枚1枚手捺染による作業でプリントされていますが、1色1版ずづ行うプリント工程を20回以上も行います。柄の位置を正確に美しく刷る大変高度な技術が求められ、長年の経験が窺えます。
シルケット
別名『マーセライズ加工』とも呼ばれ、濃厚なアルカリ液(苛性ソーダ)に浸し、綿やウール素材などにシルクのような光沢感を出す加工のことを言います。光沢感とともに生地の強度や染料などが染まりやすく(浸みやすく)なるメリットもあります。
浸染
『浸し染め』や、『ディップ・ダイ』とも言います。ワタや糸、生地などの状態で染料溶液に浸して染める方法です。主に無地の生地を均一な色で染色するのに行われます。
スラブ・ヤーン
糸の一部分が太く、ムラのある糸の事を指します。所々に不規則なわた上の節のある糸で、節部分の撚りは甘く柔らかいのが特徴です。
軽量且つボリュームのある織物をつくるのもスラブ糸の得意技。織物の風合いに変化を加えたり、素朴感を増したり、ふわっとした柔らかい印象に仕上げたいとき等に用いられます。
精錬
織り上がった生地に染色を行うための前処理として、繊維についた細かな汚れや不純物、色素、臭いなどを除去・漂白する工程のことを言います。精錬は晒しと称される事もありますが、何日もかけて生地を炊き、繊維を必要以上に傷付けることなく晒す事を和晒生地と呼び、機械により短時間で合理性と生産性を重視した自動精錬のことを洋晒しと言います。
染料
『染料』は、水や油などに溶解させて染色させる色素の総称で、その多くは水溶性です。
顔料とは異なり、色をつけたいものの内部まで色素を浸透させるのが染料の特徴。そのため、どんな素材にも染められるという訳ではなく、染色後も様々な工程を経ます。顔料プリントと比べて透明感があり、また繊維に色が染み込むため深みのある色に仕上がります。生地の風合いが損なわれることもありません。
タンブラー加工
『タンブラー(エアー・タンブラー)仕上げ』とも言います。通常、生地の仕上げはプレスを行いフラットにきれいな仕上げますが、タンブラー加工は生地を大きな乾燥機に入れ、蒸気の熱で空気を含ませたようにふっくらふんわり仕上げます。
深いシワではなく、自然なシワ感があらわれることでソフトな風合いを作り出すことが可能です。
バイオ加工
特殊な酵素を使って微生物に布生地の表面を食べさせる加工です。加工を施すことにより柔らかな肌触りとなります。環境や人体への影響のないエコロジーな加工方法です。
パイル
パイルとは、毛羽やループのことを言い、パイル織とは表面のパイルを特徴とする織物の総称の事です。
一般的にパイルと聞くとタオル等に使用される生地を思い浮かべると思いますが、コーデュロイやベルベット、ビロードなどのシャーリング生地もパイル織りをした生地のループ部分をカットしたものなので、パイルの仲間と言えます。
タオル地のパイル生地は、そのふわふわした肌触りは夏だけでなく冬も暖かいのも特徴。保温性・保湿性・吸水性が高いためにベビー用品としても通年人気があります。
撥水加工
生地表面に付いた水や油を表面張力の特徴で水玉状にし弾く加工の事。空気や熱は通すので、比較的蒸れにくいです。
雨粒のように粒子の大きなものは弾きますが、霧雨のような粒子の細かいものは強い水圧では浸透してしまいます。
通気性を必要とするテントの本体などはあえて防水加工はせずに撥水加工のみにしているものもあります。
番手(ばんて)
番手とは糸の太さを表す単位で、一定の重さ当たりの長さによって決まります。通常は数字が小さいほど太く、大きいと細くなり、太い糸を太番手、細い糸を細番手とも言います。
太い番手の糸で織られた生地ほど厚く、細い番手の糸で織られた生地ほど薄手の生地になります。
P下(ピーシタ)
糸を織りあげたまま、糊などがそのままついている反物のことを生機といいますが、生機から精錬等下処理をした反物の状態をP下(ピーシタ・プリントシタ)と呼びます。生地にプリントを行う布は、一般的にこのP下の事を指します。
ピーチ加工
起毛加工の一種。起毛加工とは、生地の表面を引っ掻いたり擦ったりを行い、生地を毛羽立てる加工方法のことを言います。
ピーチ加工は名前の通り桃の実の皮部分のように柔らかくて心地よい産毛のような肌触りが特徴的な生地のことを指します。保湿力の向上・肌触りの柔らかさなどの効果が得られます。
平織
織物のなかで最も多く用いられる基本的な織りで、三原組織の一つです。
経糸緯糸のいずれも1本ごとに浮き沈みして交錯した組織は応用範囲が広く、変化組織が多いのも特徴。
糸の太さ、密度(打ち込み)素材を均等にすると硬くて摩擦にも強く、最も丈夫な織り技法となります。
キャンバス地(帆布)やガーゼなどは平織の組織を用いた織り方となります。
フィラメント・ヤーン
絹や化学繊維のように、長さのある繊維の事をフィラメントといい、フィラメント繊維の糸をフィラメント・ヤーンと言います。
通常、綿(コットン)は羊毛などと共に単繊維と呼ばれる短い繊維の部類に分けられますが、アメリカ南部を原産としたスーピマ・コットンは超長繊維綿に分類され、光沢感や上品な柔らかさからユニクロ、ブルックス ブラザーズなどの衣料品としても採用されています。
風通(ふうつう)織り
2枚の織物が重なった二重織りの一種で、『両面織り』とも呼ばれます。表裏に異色の糸を用い、文様の所で糸を交換して色の異なる同じ文様が表裏に織り出されたもの。
例えば、表面に赤・裏面に白い糸を使用した際、表面には赤地に白い模様があらわれますが、裏面では白地に赤い模様となります。
無撚糸(むねんし)
撚糸とは反対に、撚りがかかっていない糸のことを『無撚糸(むねんし)』といいます。
無撚糸は綿本来の柔らかさをそのまま残しているため、抜群の柔らかさと吸水性が特徴です。尚、ねじりが弱いのを甘撚りといい、こちらも柔らかさや吸水性に優れています。
杢糸(もくいと)
異なる色、異なる太さで染色した複数の糸を撚り合わせて1本の糸にしたものの事。一般的には1本の単糸(たんし)を2本撚り合わせた双糸(そうし)、珍しいもので3本撚り合わせた三子(みこ)などがあります。
杢糸を全面に使用した無地の生地を織り上げると、全体的に霜降りの様な粗めのムラ感を表現することが出来ます。
ラミネート加工
『フィルム・コーティング』とも呼ばれ、布の表側に透明フィルムを貼り合わせてあり、ビニールのような質感となります。
防水・防汚はもちろんのこと、摩擦や色落ち防止などの効果もあります。
防水加工は撥水加工とは異なり、表面を隙間なく覆うため、完全に水を弾きますが体から発散される水分や湿った空気は出ることができないために蒸れてくるのが欠点です。 近いものでいうとゴム製品などを想像してみると良いかもしれません。
リピート
生地の模様の繰り返しの1サイズを『リピート』と言い、タテ方向に模様が繰り返されているものはタテリピート、ヨコ方向に模様が繰り返されているものはヨコリピートと呼ばれます。 『リピート』は送りとも呼ばれ、四方左右に繰り返される模様は四方送り、タテ(またはヨコ)方向1/2に模様をずらして繰り返す模様をハーフステップ送りと言います。
ロータリースクリーンプリント
円柱状の型が回転して捺染することを指します。四角いスクリーン枠の場合は柄のつなぎ目で切れ目が出てしまう事がありますが、ロータリースクリーンでは模様の切れ目なくプリントが可能。そのため、特にストライプなどの連続した模様に適しています。マリメッコ社では、近年このプリント方法を導入する事によって生産効率が飛躍的に伸びました。
ワッフル織
別名『蜂巣織り』とも呼ばれ、名前の通り蜂の巣やお菓子のワッフルに似た四角形の凹凸を作る織物の事。
吸水性や肌触りに優れ、また乾きやすく清涼感に長けているため、タオルや夏向きの衣料品、シーツやベビー用品などにも使用されることの多い織り方です。