HOME /特集/ 

【特集】おくるみ編

2017/05/08 | おすすめ | オンライン |

【特集】おくるみ編

「おくるみ」ってなあに?

数年前から出産祝いのギフトで人気の「おくるみ」ですが、どんな時に使うかご存知じゃない方も多いのではと思います。
おくるみとは、赤ちゃんの身体をくるんであげる布なのです。
赤ちゃんを抱っこするときや寝かせるとき、また、お風呂上りなどのバスタオル代わりや、ブランケットなどにも使います。
産まれて間もない赤ちゃんは、首がすわっていないのでとても不安定。
おくるみで身体をくるんであげると抱っこがしやすくなります。

赤ちゃんにとっても包まれるという感覚が、ママのお腹の中にいた感じに似て、安心すると言われています。
 



産まれてすぐに使える育児グッズの一つかも!

生後4か月くらいまで赤ちゃんは一日のほとんどを眠っているか、ママに抱っこされて過ごします。
その期間によく泣く赤ちゃんなら、ママはほぼ一日起きていた。。。なんてことも何度もあるかと思います。
泣きやます方法や、泣くことへの予防対策ができないというのがママが大変に感じる理由ですよね。

そんなときにおくるみを使用して、もし泣いてばっかりの赤ちゃんが包まれることで安心して眠ってくれたらママも大助かり!
全ての赤ちゃんが「おくるみ」を気に入ってくれるとは限りませんが、赤ちゃんが安心して眠ることができる育児グッズの一つと考えて使ってみるのもありです♪
 





意外と長く使えるアイテム

赤ちゃんが首もすわり手足を活発に動かすようになり、おくるみに包まれるのを嫌がるようになったら育児グッズとしての役割は卒業です!
でも、おくるみ」は卒業後もいろんなシーンで活躍できるんです!

肌ざわりのよい綿100%ダブルガーゼ素材で100×100cmのサイズなので、ベビーカーに乗せるときのブランケットにしたり、お昼寝のシーツ代わりにしたり、外での簡単な授乳ケープや日よけに使ったり。

「おくるみ」は新生児の期間だけでなくて、便利に長い期間活用することができる優秀なアイテムです。
 



ダブルガーゼのおくるみ

FIQで販売中のおくるみは、綿100%のダブルガーゼで作られています。
通気性が良く、直接赤ちゃんの肌に触れても刺激が少なく、
ガーゼは洗濯をしたり、汗をかいたりしてもすぐ乾きます。
体温調節が苦手な赤ちゃんが、たくさん汗をかくのに対応できるおすすめな素材です。

これからの季節は、冷房の冷たい風からも程よい保温性で守ってくれます。
 



外に持ち歩きたくなるおくるみ

よく見かけるおくるみは動物柄だったり、赤ちゃんに合わせた柄が多いですよね。

プレゼントでどんな柄を選べばいいかわからない場合に、
「赤ちゃんっぽい柄」を選ばれることも多いと聞きます。
「赤ちゃんっぽい柄」それはそれでとってもカワイイのですが。。。
FIQではちょっと違った視点で、使うママがカワイイと思うような、持ち歩きたくなるような柄を揃えています♪
軽くて便利だし、クルクルッとまとめて外に持って出かけたい!と、思うような「おくるみ」です。

「おくるみ」は何枚持っていても柄や素材が違えば、プレゼントにもらって喜ばれるアイテムだと思います♪

FIQで販売中の「点と線模様製作所」岡理恵子さんデザインの「おくるみ」は、使いごこちもデザインも優れものです!